Open/Close Menu 韓方ツアー、韓国の全国にある病院や医院、薬膳料理、エステサロンなど紹介!韓国ツアー情報サイト

韓医学コラム【食治】

双渓韓医院 順天支院 代表院長 ホジンヨン

食治とは

人間が病気で苦しんでいる理由は一体何でしょうか?

私たちはその病気という敵を除去しなければならないのですが、
これらの病気をなくすために、昔から多くの努力をしてきました。

  科学や医学が発展するにつれて、病気を治療するために数多くの方法や新しい治療法が出てきており、現在も沢山の治療法が生まれています。しかし、果たして私たちはどのようにして疾病から自由になるのでしょうか?

昔は少なかった肥満、糖尿病、高血圧などの慢性疾患やエリテマトーデス、ベーチェット病、関節リウマチ、シェーグレン症後群のような自己免疫疾患、うつ病、パニック障害、閉所恐怖症のような精神疾患まで数多くの病気が存在し、新しい難病が生まれています。

 医学は発展しているにもかかわらず、まだ病気から自由になれないのです。
果たしてこのような現象が持続する理由は何でしょうか?

 果たして新しい治療方法で病気に向き合って、病気のない世界を実現することは可能でしょうか?
もし可能であれば、どれくらい待たなければならないのでしょうか?
ひたすら待つより、私たちができることはないのでしょうか?

 人間が病気にかかる要因はいろいろありますが、その中で食品は、私たちの健康と密接に関連しており、東洋西洋に問わず、その重要性が強調されてきました。

 西洋では、医学の父と呼ばれるヒポクラテスが “I am what I eat “食品で治せない病気は、医師も治せない」と言って、食の重要性を表現しています。

 東洋では昔から漢方医学書籍である[黄帝内径]、[傷寒論]、[金匱要略]、世界初めてユネスコに医学書として登録された韓医学書である[東医宝鑑]、[食療纂要]などの数多くの医学書に食に関する内容が沢山含まれています。

特に韓国ではご飯を食べて消化をさせるためにシッケ(甘酒)や水正果スジョンガ)というお茶を飲んできました。産後には、ワカメスープを食べ、風邪をひくと、汗をかくため、暖かいお茶やお粥を食べました。これは単なる食べる行為ではありません。病気を予防し、さらに食で治療する(食治)概念が含まれています。

現代社会では、食品の重要性が高まってきています。

なぜなら、最近私たちが摂取する食物はほとんど、数え切れない添加物や化学物質である人工調味料や防腐剤で食を長持ちさせることによってさらに健康に悪影響を及ぼしているからです。

これらの化学物質が私たちの体にどのような影響を与えるか数多くの実験データーや研究結果などのエビデンスは沢山あります。まだ企業に対し沢山の疑問が残っているのは事実です。

私たちの体は、新しい環境で、慣れるまでには十分な時間をかけなればならないのですが、
急速に増え続けている化学物質を私たちはどうやって受け止められるのか疑問に思います。

現代人は食の大切さを再度見つめ直し、正しい食で健康管理をしなければならないです。赤ちゃんはまだ判断力がなく、熱いやかんが熱いとは知らないです。

熱くてもやかんを触るように、私たちも、これらの食品が体にどのように害を及ぼすのか、赤ちゃんのように知らずに摂取しているのです。

これらの無知から解放され、自分の体を自分が守る方法を知るべきです。
これは病気から自由になる第一歩になるでしょう。

© 2017-2018 - Kanpou Navi by HBL-create

   info@kanpou-navi.com

お問い合わせ

韓方ツアーナビカスタマーセンター

050-5539-7179

info@kanpotournavi.com